【宅配食材活用編】 手間暇かけずに夕ご飯 ビストロやバイタミックスも愛用

宅配

わたしが宅配食材で購入しているもので多いのが、とにかく簡単に調理できるもの、かつ、美味しいものです。「味付き」、「下ゆで不要」、「加熱不要」、「そのまま食べられます」的な文句を好んでいます。ここでは、実際に宅配食材を活用して作った夕ご飯の一部を、わが家の愛用家電とともに、ご紹介します。

スポンサーリンク

パルシステム「銀だら西京漬」×ビストロ

PanasonicのBistro(ビストロ)を購入してから、格段に増えたメニューの一つが焼き魚。ガスレンジのグリルは掃除が面倒で、なかなか使えなかったのですが、ビストロはお掃除機能が付いていで片付けも簡単。そして、何よりも、ボタン一つで、手間も失敗もなく、美味しく焼けるのが、ヘビーローテーションの理由です。

こちらは、パルシステムで購入したお気に入りの「銀だら西京漬」。

冷蔵庫で自然解凍した銀だらを、ビストロ付属のグリル皿に直接並べます。

ビストロに備わった料理集/「ぶりの照り焼き」を選択。ビストロにお任せしておけば、面倒な火加減調整もいらず、ピピッと焼き上がりのお知らせを待つだけ。 調理時間、15分もかかりません!

忙しい朝も帰宅後も、時間を取られることなく、美味しい焼き魚をいただくことができます。

片付けも簡単。グリルを洗剤でサッと洗って、庫内を布巾でサッと拭いて、魚の匂いが気になる時は、ビストロの便利ツール/お手入れ/「天井・脱臭」を押せば、脱臭まで完了です!

生活クラブ「 長熟だし仕込みごろごろベーコン 」×秋川牧園「葉にんにく」

秋川牧園の安心野菜セットに入っていた「葉にんにく」。それまで調理したことはもちろん、食べたこともありませんでしたが、セットに付いていたレシピをもとにオリジナル調理してみました。

葉にんにくのネギに似た香りと、ベーコンの濃厚な味があるので、コショウ以外の調味料は不要。

油をひいたフライパンに、5㎝幅に切った葉ニンニク、しめじ、ベーコンを入れて、コショウを少々ふって、蓋をして蒸し焼きに。10分ほどで完成です!

あいにく5歳のおにいちゃんには大人の味だったようですが、おとうさんには好評でございました。

生活クラブ「 長熟だし仕込みごろごろベーコン 」×秋川牧園「ほうれん草」×バイタミックス

秋川牧園の安心野菜セットに、それはそれは立派な有機ほうれん草が入っていました。しかし、悩ましいことに、おにいちゃんは葉野菜をあまり食べてくれません。ないので、粉砕してスープにすることにしました。

それならば、粉砕してスープにしてしまおう!

わが家でスープ作りに貢献してくれるのが、Vitamixバイタミックス。 (大根おろし作りに使うことが多いので、別名「高級大根おろし機」と言われております。)

そして、とスープを最高の味にしてくれるのが、 生活クラブの「長塾だし仕込みごろごろベーコン」。(このベーコン、とにかく何かと役に立ちます! )

お鍋にオリーブオイルをひいて、玉ねぎ、ほうれん草、 長塾だし仕込みごろごろベーコン を入れて火を通します。(野菜類はバイタミックスに入れるので、さほど小さくカットしなくても大丈夫です。)

その後、バイタミックスへ入れ、ペースト状になるまでブイーン。

ペースト状になったら、再び鍋に戻し、コンソメブイヨンを入れて、牛乳を好みの濃さになる量入れて、弱火でぐつぐつ温めたら完成!

おにいちゃんにも大好評でございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました